ようこそ! 小平小学校のホームページへ!!

みんなの合い言葉  4つの『

りがとう いさつ んぜん さどくしょ」

お知らせ NEW

 1「おしらせ」に(令和4年度)8月の主な予定と下校時刻(pdf)をUPしました。

    ※ 各種行事予定については、コロナウイルス感染状況によって中止・変更がございます。

お知らせ

◆ 学校は、感染症対策で「新しい生活様式」をふまえた行動基準「レベル1」で対応しています。

  6月13日(月)~

  

こんなことがありました!

出来事

トップアスリートをむかえて(トップアスリート ランニング教室)

8/2(火)、ひらたスポーツクラブが主催となって「トップアスリート ランニング教室」が開かれ、5・6年生を中心とした子ども達が参加しました。日本を代表する2人のトップアスリート(天下谷真弓先生、佐藤真有先生)が陸上競技の指導をしてくださいました。
 子ども達は、先生方から速く走るための指導を受けました。6年生は秋に陸上競技大会があります。それに向けて貴重な体験をすることができました。

読破賞「芝桜の里子どもたちにおくる本」

「芝桜の里子どもたちにおくる本」60冊について、積極的に読書し、各部門を読破した子ども達を表彰しました。各賞に入賞した子ども達には、賞状と2冊貸出券が副賞で渡されました。

 子ども達の読書への取組の様子は、多目的ホールの掲示「読書登山」で見えるようになっており、子ども達の励みとなっています。また、毎月、学校図書館は、学校司書の先生のおかげで読書に親しむ環境整備がされています。

 これらの取組をきっかけに子ども達の読書習慣の定着が図れればと考えています。

第1学期終業式

 1学期の終業式が行われました。71日間の1学期が終了しました。子ども達には、1学期をふり返り、2学期も目標をもって学習や生活に取り組んでもらいたいと思います。
 夏休みは、35日間あります。生徒指導の先生や担任から「安全で楽しい夏休み」の過ごし方を指導しました。家庭でも、お声かけお願いします。
 2学期は8月25日(木)です。笑顔いっぱいの子どもたちに会えることを楽しみにしています。
 終業式の後に、2・4・6年生の代表児童が「1学期の反省、夏休みの抱負」を発表しました。とても堂々とした発表で感心しました。
 また、陸上競技交流会(100m走県大会)、スポーツ少年団(バスケットボール)の各種大会ですばらしい活躍を見せた児童、団体を表彰しました。

裁縫の「ひらたの名人・達人」を招いて(5年)

 5年生は家庭科の時間に、手縫いで「小物入れ」を製作しました。12日(火)に続いて、「ひらたの名人・達人」(地域ボランティア)の2名の先生が来校し、子ども達に裁縫の学習のサポートをしてくださいました。子ども達は、裁縫の基本である縫い方や玉結び、玉どめなど、先生方の支援を受けながら、苦労して作品を作っていました。

水慣れ(1・2年)と泳力アップ(3・4年)

小プールで1・2年生、大プールで3・4年生がプール学習を行いました。
1・2年生は、だいぶ水に慣れてきて、顔を水につけられるようになったり、水の中に潜ったりする子が増えてきました。
3・4年生は、泳ぐたびに泳力がアップしています。以前より長い距離を泳げたと満足そうな笑顔を見せていました。中には25Mを今日初めて泳いだ子もいました。子ども達の成長にびっくりです。

 

タブレットを使って(1年)

13日(水)、1年生がタブレットを使った活動をしていました。タブレットを使って思い思いの絵を描きました。そして、自分で描いた絵を、タブレット内の「提出箱」にドラッグ&ドロップすると、先生のタブレットに送られます。送られた絵は、教室前方の大型モニターに表示されました。子ども達がうれしそうに「(自分の絵が)届いた」と言う声がたくさん聞かれました。
 また、算数では、このタブレットを使って足し算や引き算の復習もしています。

裁縫の名人・達人を招いて(5年)

5年生は家庭科の時間に手縫いで「小物入れ」を製作しています。12日(火)、「ひらたの名人・達人」(地域ボランティア)の2名の先生が来校し、子ども達に裁縫の学習のサポートをしてくださいました。
このように専門的な技術を持った上に、多くの目で子ども達を見ていただけることは大変ありがたいです。

森林環境学習(6年)

6年生は、小野町の「緑のふれあいの森公園」において、森林環境学習を行いました。子ども達は、園内の林道をマウンテンバイクに乗りながら森林散策を行い、ガイドの方から檜や杉の植林についての説明を聞くなど、森林や樹木について理解を深める学習ができました。

木をみつめて(図工の授業の様子:4年)

 4年生が図画工作の時間に外で写生をしていました。「木をみつめて」という単元で、自分が気に入った木を水彩画で表現します。
 子ども達は、幹のごつごつした様子や枝の生え方をよく観察し、クレヨンを使って描いていました。このあと水彩絵の具での彩色をするそうです。どんな作品ができるか楽しみです。